ホーム > 会社案内 > 沿革

1965年9月
(昭和40年)
エラストマー社(スイス)と日本バルカー工業株式会社との各社半額出資により、日本エラストラン株式会社を設立する。東京都千代田区丸の内に本社を、日本バルカー工業株式会社厚木工場内に工場を置く。
1972年10月
(昭和47年)
神奈川県厚木市恩名に工場を建設する。
1974年5月
(昭和49年)
工場を3階建に増築し、TPUの連続生産機を導入する。
1976年8月
(昭和51年)
エラストマー社の技術援助契約を円満解除し、日本バルカー工業株式会社の全額出資会社となる。
1978年9月
(昭和53年)
日本ポリウレタン工業株式会社とTPUの共同事業化を目的とする業務提携契約を締結する。
1978年10月
(昭和53年)
日本ポリウレタン工業株式会社製造のパラプレンを販売品目に加える。
1980年1月
(昭和55年)
山梨県東八代郡一宮町(現:笛吹市)に工場を建設する。
1984年7月
(昭和59年)
BASFグループのPUG社と販売契約を締結し、ドイツ製造のエラストランを販売品目に加える。(昭和61年6月に販売契約を解除)
1985年10月
(昭和60年)
山梨工場を分離し、100%子会社山梨エラストラン株式会社を設立する。(1985年10月に、社名を山梨ミラクトラン株式会社と変更)
1986年3月
(昭和61年)
神奈川県厚木市恩名に事務研究棟を建設する。
1987年1月
(昭和62年)
台湾に合弁会社(出資40%)益晃樹脂股份有限公司を設立し、TPU製造に関する技術援助契約を締結する。(平成12年6月に技術援助契約を解除)
1987年6月
(昭和62年)
日本バルカー工業株式会社と日本ポリウレタン工業株式会社との出資比率が50%対50%となり、日本ポリウレタン工業株式会社との業務契約内容を拡大する。
1987年10月
(昭和62年)
社名を日本ミラクトラン株式会社に変更し、合わせて商標『エラストラン』、『パラプレン』を『ミラクトラン』に統合する。
1999年6月
(平成11年)
日本ポリウレタン工業株式会社の出資比率が100%となる。
1999年8月
(平成11年)
神奈川県厚木市恩名に本社を移転する。
1999年8月
(平成11年)
ISO9001を認証取得する。
2002年7月
(平成14年)
営業・研究開発部門を日本ポリウレタン工業株式会社に統合する。
2005年12月
(平成17年)
ISO14001を認証取得する。
2014年10月
(平成26年)
日本ポリウレタン工業株式会社と東ソー株式会社が合併し、東ソー株式会社の全額出資会社となる。