ホーム > トピックス > 非ハロゲン難燃性ミラクトラン

非ハロゲン難燃性ミラクトラン (PDF:113KB)

1. 製品の紹介

熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)は、プラスチックとゴムの両方の特性をバランス良く有する機能材料として、多くの分野でご利用いただいております。 当社では、難燃タイプのTPUとして従来からハロゲン系の難燃剤をコンパウンドしたUOOシリーズを上市し、多くのユーザー様にご使用いただいております。 近年、環境等の問題から、非ハロゲン系の難燃剤を用いたTPUのご要望に応えるべく下記「SWIシリーズ、SWJシリーズ」を開発し上市いたしました。 当シリーズは当社のコンパウンド技術を駆使して完成させたものです。 成形は、射出成形、押出成形いずれの方法でも可能です。

ページ先頭へ

2. 製品の特徴

当シリーズは、エーテル系のTPUをベースとし、下記のような特徴があります。

  • 難燃性を示す酸素指数(OI値)は、30以上です。
  • 引張強さ、引裂強さ等の機械的強度が他の樹脂と比較して優れています。
  • 通常のTPUと同様に、耐摩耗性も良好です。
  • ゴム弾性、柔軟性に優れています。
  • ブリードはほとんどなく、各色への着色も可能です。
  • 通常のエーテル系TPUと同様、耐水性も良好です。
  • 艶消し処方のSWJシリーズは押出成形の際に、成形品表面が艶消し状態に仕上がります。
ページ先頭へ

3. 一般物性

当シリーズの一般物性(代表値)を下記に示します。

品名
硬さ
100%
引張
応力
引張
強さ
伸び
OI値
備考
JIS-A
MPa
MPa
%
%
U375PSWI
75
4.6
37.0
640
33.3
V2相当*1
U380PSWI
80
5.9
37.0
590
33.3
V2相当*1
U385PSWI
85
7.6
35.0
510
33.3
V2相当*1
U390PSWI
90
9.0
38.0
490
33.3
V2相当*1
U395PSWI
95
14.8
39.0
430
33.3
V2相当*1
U385PSWJ
85
8.2
34.0
520
32.9
艶消し
処方

 *1 :JIS C60695-11-10B法に準拠(試験片厚み2mm)

ページ先頭へ

4. 他樹脂との比較

樹脂
硬さ
100%
引張
応力
引張
強さ
伸び
OI値
比重
磨耗性
JIS-A
MPa
MPa
%
%
-
塩ビ系
86
10.6
15.6
270
26.8
1.38
745
他社TPU
79
4.3
34.0
810
25.9
1.13
58
U380PSWI
80
5.9
37.0
590
33.3
1.21
55
U385PSWI
85
7.6
35.0
510
33.3
1.22
49
ページ先頭へ

5. 成形条件

5.1 予備乾燥

TPUは、吸湿しやすいため、成形前に乾燥が必要です。標準的な乾燥条件は下記の通りです。

80℃×6時間以上又は100℃×2時間以上

(80A以下の低硬度品は60〜80℃程度で、
8時間以上の乾燥をお奨めします。)

 

5.2 参考成形温度条件

射出成形(3.5オンス射出成形機)
使用する
樹脂の硬さ
(JIS-A)
温度(℃)
後部
中間部
前部
ノズル
70A
140
160
170
180
80A
150
170
180
190
90A
160
180
190
200
95A
170
190
200
210

 

押出成形(40φo押出機)
使用する
樹脂の硬さ
(JIS-A)
温度(℃)
後部
中間部
前部
ダイ部
70A
160
170
180
170
80A
170
180
190
180
90A
180
190
200
190
95A
190
200
210
200
ページ先頭へ

 

  • 新着情報